×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レストレスレッグス症候群は女性がなりやすいというのはただのうわさ?と思い調べました。
結論から言うと、

 

女性がなりやすいのは本当

 

ということです。
更に妊婦さんがなりやすいとのことです。

 

理由はレストレスレッグス症候群の原因の一つである鉄分不足が影響しています。
女性は生理中は貧血気味になりやすく、その一因として鉄分不足があります。
ではなぜ妊婦さんもなりやすいのでしょうか。
妊婦さんは胎児に栄養を与えなければいけないためです。
もう少し詳しく説明します。
妊婦さんは胎児に栄養を送るために血液の量が増えていき、そして血液の赤血球をたくさん作るのですが、その赤血球には鉄分やタンパク質が必要になります。その必要な鉄分やタンパク質などは胎児の成長にも必要な栄養素で、胎児にどんどん取られちゃうんです。
(妊婦の体からは赤茶運優先で栄養が吸収されていくものなのです)

 

従って鉄分不足になるんです。

 

その鉄分不足がレストレスレッグス症候群を発症させる原因となるわけです。

 

女性が多いのは納得ですね。

 

鉄分不足を解消してレストレスレッグス症候群を事前に防ぎましょう!

 

TOPへ戻る ⇒ レストレスレッグス症候群(RLS)